かなで日和。

どうしようもないオタクのどうしようもないブログ

SENTIMENTAL StepSを読む

表題の、SENTIMENTAL StepS……。
いいですよね……。 泣けますよね……。

今回は、この曲の詩について、自由に読んでいきたいと思います!



その前に、ちょっと前置きを一つ。

ラブライブの楽曲は、どれも大変魅力的です。
私がラブライブにはまったきっかけも、やはり楽曲からでした。
曲がいいのももちろんですが、なんといっても心をうたれるのが詩です。
夢に向かって走っていく女の子たちに寄り添った、きらきらと輝く言葉たち。
それを綴っているのが!我らが畑亜貴さんですね。
本当にすばらしい才能とセンスの持ち主だと思います。
最近の曲だと、MOMENT RINGの『瞬間をリングに閉じ込めていつも眺めていたい どの指がいいかな』というフレーズがお気に入りです。
「天才か!!!!」って思わず叫んじゃいました。

実は私、以前は畑亜貴さんの詩、今ほどには好きじゃなかったんです。
なーんか抽象的で、ふわふわとしていて……
私はこだまさおりさん(イナイレや黒バスのキャラソンなど、いろいろ書かれている方)の詩もとっても好きなんですけど、彼女の書く詩とは全然性格が違いますよね。
めちゃくちゃ下手な例えですが、こだまさおりさんの詩が直球ストレートなら、畑亜貴さんは変化球というか……。 こだまさおりさんが剣士なら、畑亜貴さんは魔法使いというか…… 。

もし、銀河へキックオフ!!という作品を知っている方がいたら、ヒロインの、エリカと玲華ちゃんのキャラソンをお2人が書いてくださっているので、聞き比べてみてください!
アプローチが全然違っておもしろいですよ!
知らない方は銀オフ見てください。
銀オフ見てください。Eテレ仲間になったね。

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!


アニメを見たりしてコンテンツを知っていくより先に、スクフェスで曲を聴いていたのもあり、なーんか掴みきれないな〜って思ってたんですよね。

でも、そんなことはなかった……。私が浅はかでした。
詩を読めば読むほど、作品を知れば知るほど、彼女の詩は輝くんですね……。
噛めば噛むほど味が出る、そんな不思議な魅力が彼女の詩にはありますね。

μ'sが走り抜けた軌跡が、歌の中に全て詰まっています。
畑亜貴が紡ぐラブライブの世界。
聞いていると、1回聞くだけではわからなかった、曲と曲の密接な関係に気づいたりして、何度でも楽しめちゃう。


そんなラブライブの楽曲たちについて!
感じたこと気づいたこと、ちょっとずつ自分なりに解釈をしていきたいなって思います。
主に自分用のメモ、備忘録です。
楽曲についてなんて、今までさんざん語られてきていると思いますし、ライバー1年生の私の見解なんて知れたものではございますが!
自由に楽しく、解釈をしていきたいと思います。




てなわけで、改めまして、センチメンタルステップス〜! 略してSSS!
言わずもがな、2期挿入歌「ユメノトビラ」のカップリングです。

ユメノトビラ

ユメノトビラ


なんでまずこれかって言うと、アルバムかけると、ユメトビとSSS連続できますよね。
聞きながらふと、「あれ? これ、ユメノトビラのと対になってる……?」って気になったからです。 

「対になってる」というのは初めに受けた感覚で、じっくり詩を読むと、詩自体にはあんまり対になっているフレーズはないんですよね。
対じゃなくて、対応……セット……? うまく言えないけど、ユメトビをめっちゃ意識して書かれているのはまちがいない! と思いまして。
その話はゆっくりしていきます。

というわけで、今回は、主にユメノトビラとの関係性に注目しながら、SSSを読んでいきましょう!


まず基本情報の確認。
ユメノトビラは、ラブライブ予選に参加するにあたり、合宿を行い、みんなで作った曲です。
新しいスタートラインを先に何があるからわからない扉にたとえ、夢めざしてガムシャラに走っていこうとする気持ちを歌った歌です。
SSSはそのカップリング曲。
実際にアニメでは使われていません。


さっそく、「関連してる?」と思った部分を挙げていこうと思います。

すれ違ってもわからないくらい大人になった時に懐かしさへ変わるのかな……なんて考えてた

はい、冒頭ですね。 もうすでにセンチメンタル。

ここでユメトビ2番を見てみましょう。

瞳はレンズ 僕の心へ君の笑顔残そう やがて思い出へ変わるのかい? そんなことは今は考えないで

あああぁ〜〜〜〜いいですね……。
この、瞳はレンズ〜という前半フレーズも私の大好きなフレーズです。 
レンズ……それだけでもう綺麗で満足ですが、「残そう」ということは、このレンズは、カメラのレンズのことと考えていいのかな?
カメラは今この一瞬を、留めておく道具ですね。
短いですが、ラブライブの根底に流れている「今感」を感じることができるフレーズです。

さて、問題は後半。

思い出へ変わるのかい? そんなことは今は考えないで

「今」が思い出へ変わるということは、自分たちが未来へと進む、まぁ簡単に言うと時間が経つということ。未来の話なんて、必要ない。考えたくない。それほどまでに今が楽しい。
だって彼女たちは今、夢の扉の前に立ったばかりなのだから。

それが、SSSでは、「考えていた」。
未来のことを考えられるようになった。もしくは考えなくてはならなくなった。
はいそうです。時間が進んでおります。
SSSは、ユメトビより歌われている情景よりずっと後の曲です。

曲同士でなく、SSSの中だけでも、時間軸が進んでおります。
というより、冒頭の歌詞が、過去。今から過去を振り返っている形ですね。

すれ違ってもわからないくらい君も僕も大人になった頃が想像できない だってずっと一緒だから

1番サビです。
ぼやーっと、イメージのぼやけた未来ではなく、輪郭がもっと明確になっております。
懐かしさへ変わるのかななんて、昔はそんなこと考えたこともあった。それは結局わからない。 だってそもそも、別々に離れてしまう未来自体が想像できないんだから!! 
仲間と共に毎日を過ごしてできた絆が、強くうかがえるフレーズです。

時系列は、ユメトビ→SSS冒頭(回想)→SSSという感じ。

次いきましょう!

ユメトビ
君と僕とで旅立ったあの季節

SSS
季節がいつの間にか塗りかえていった街の色に気づいたよ

季節つながり。ここも、時間の流れを強調していますね。 
ユメトビとSSSでは、かなーーーり時間に差があることがわかります。

さぁ、そろそろ本題に近づいていきますよ!

楽しいと思う今を保存したい気持ち 初めて感じたんだよ

先ほどの「気づいたよ」、「感じたんだよ」……。過去形になっています。
楽しい毎日は、すでに過去となっている。
もう街の色は新しくなっている。

見えないだけで本当は少しずつ成長してるって 種を植えた場所からは小さな葉っぱが歌いだす

みんなで蒔いた種は、少しずつ成長して、もうすでに葉っぱが出ているんです。 
それぐらいの時間が経過している。


……と思っていましたが、ちょっとこじつけ感あるかな……。
書きながら、愛してるばんざーい!との関連性もある気がしてきました。

この種が、愛ばんに出てくる「みんなの夢の木」だとすると、やっぱりここも、時間の経過より、過去を表すマークと考えた方が自然ですかね。


そして、ユメノトビラの最後、『青春のプロローグ』……。

もうお気づきでしょうか。
そうです。ユメノトビラが「プロローグ」なら、SSSは、「エピローグ」なのです。

ユメノトビラでは、

ユメノトビラ ずっと探し続けた 君と僕との繋がりを探してた

と、まだ「君」と「僕」が出会う前…… 全てが始まる前の気持ちを振り返って歌っています。

歌詞から読み取れる情報は、さほど対という感じではないですが、曲の位置付けが対になっていたのですね。

エピローグ……後日譚です。
彼女たちの青春はきっと終わらないので、「青春のエピローグ」と言ってしまうと少し違和感がありますが……。
μ'sとしての物語のエピローグ、でしょうか。
つまり、3年生の卒業式も、劇場版のラストライブも終わったもっと後。

センターは、小さい頃からずっと一緒の幼馴染2年生トリオです。
この曲、μ'sの曲というより、なぜか2年生っていうイメージの方が強いんですよね。
ソロパートとジャケットのせいでしょうか。

エピローグ……だと思った時に、なんとなーく、これはμ'sを作った2年生の3人が、卒業を控えた、もしくは卒業に際したタイミングでの歌なのかなって、思ったりもしました。
どうでしょうね。
曲にも少し触れるんですが、イントロとアウトロが、他のラブライブ曲にあまりないサウンドですよね。
ピアノで静かに奏でられる旋律、特にイントロの終わりがけ、歌が始まる直前のあたりとか、なんだか卒業式っぽい気がするなってちょっとだけ思いました。
3年生卒業式の、真姫ちゃんのピアノが脳裏に浮かびます。

この辺りはほんとうに、なんとなーくの想像ですけどね!

気のせいだよね いつものみんなだね ふざけて駆け足転びそうだ 待って 待って どこか寄って帰る?

この辺りの歌詞では、練習帰りに、いつも通りはしゃぎながら9人で歩く彼女たちの姿が思い浮かんだりもします。

もし2年生の卒業式なら、3年生もお祝いに来て、またみんなでいつものように、というところでしょうか。


いやーーーーーーセンチメンタル!!
全てが!!
これは泣けますわ!


もーーーーーー最高にセンチメンタルなのはやはり2番サビですよね。

木漏れ日の中呼んでみたけど 風がふいにかき消す 一瞬なんだか切なさへと景色が揺れ動いた

ここから間をおかずに、「気のせいだよね」とすぐに、その気持ちを追い払う、この構成がもううますぎる。 泣けます。

もう一度、転調した後にもう一度出てくるんですよね、このサビが。泣けますね。
そして最後は、「景色が揺れ動いた」と2回繰り返されることにより、心地よい余韻が残ります。
また繰り返すことによって、やはり気のせいではなかった、また、他のみんなもそう感じている……と、この感傷的な気持ちを、確信づける働きもあるかもしれません。


あと少し、気になる点について言及していきます。

先ほど、イントロとアウトロに関して少し触れましたが、そこにもう一つ注目したい点があります。
耳をすますと聞こえる、ピアノではない、カチカチとテンポを刻む音。
これ……もしかして、時計の秒針のイメージ?
これも、今の時間から時が進んでいるという演出なのかもしれません。
もしくは、終わり(卒業)へのカウントダウン?

せ、センチメンタル!!!!
ファイナルライブを2日間終えた後みたいな気持ちですね!!

また、少し視点を変えまして。
物語の後日譚だと考えると……μ'sファイナルシングル、MOMENT RINGよりも、時間的には後ろということになります。

MOMENT RINGより、
楽しいと思う今を保存したい気持ち 初めて感じたんだよ』

この、「楽しいと思う今を保存したい気持ち」と「瞬間をリングへと閉じ込めていつも眺めていたい」 この2つがイコールで結ばれてくるわけです。
今を保存したいって、独特なフレーズだなと思っていましたが、まさかここで繋げてくるとは。 こ、これが畑亜貴マジック……!


Cメロ部分の裏メロ、いい感じの音がチャイムっぽい音色鳴ってるんですよ……。
あと、ことりソロの裏メロ、これまた泣かせにくるメロディラインが入ってます。
耳をすませてみてください! 
オフボーカルの音源が今はないので、入手したらそちらもじっくり聞きたいです。





……はい!!
というわけで、読んできました!!
センチメンタルステップス!! 
まぁ結論としては、まぁやっぱりとりあえず泣けるって感じですね。

読みにくい記事ですが、まぁ自分用のメモだと思ってご容赦を……。

ここはこう解釈していた、とか、あの曲との繋がりもあるよ!とか、詩の意図とか、知っていることがあるライバー先輩がいらっしゃいましたら教えていただきたいです!



それではここまで!
本日発売の恋になりたいアクアリウム、楽しみですね!